せっかく勉強にやる気がでたとしても、いきなり今日から自分で勉強ができるようにはなりませんよね。不登校のお子さんが勉強をしていくためには、なにが必要でしょうか。

一人で勉強するのが難しいのはなぜか。それは一人だと誘惑に負けてしまうからです。

「見たいテレビがあるからあとで」「ゲームが終わらないから」などの誘惑に一人ではなかなか勝てないものです。何かしらの「学習サポート」の手段が必要になってきます。

 

学校にもいけない生徒さんが、塾に行く・・・というのは実現しにくいでしょう。

集団でも個別でも自分から質問ができるタイプの生徒さんでないとなかなか効果も上がりにくく、

不登校のお子さんにとってさらにストレスになってしまう危険があります。

家庭教師であれば、今のお子さんの状況に合わせて学習サポートをすることができます。

やり方がわからくて取り組めなかったお子さんに、勉強のやり方から教えてくれます。

また、「一緒に頑張ってくれる人」ができるので、誘惑に負けない環境が作られていきます。

不登校のお子さんにありがちな、昼夜逆転生活などの生活習慣も改善が見込めます。

定期的に指導のスケジュールが入ってくるので、決まった時間に寝起きし、ごはんをきちんと食べるなど規則的な生活リズムを取り戻せるようになってきます。

親から言われると反抗してしまうというお子さんでも、家庭教師から言われればいままでやらなかったことに取り組めるかもしれません。

一緒に頑張ってくれる先生を探すなら・・・大阪で有名な家庭教師グループでの「家庭教師のオレンジ」がおすすめです。

週に1回の指導でも、次の授業までにやる課題のスケジュールを一緒に講師が考えて宿題表をつくります。毎日やることが見える化されるので、毎日の宿題をしっかり取り組むことで達成感を得られ、小さな成功

体験を積み重ねていくことが自信につながります。

要点をまとめた教材があるので、自分でもヒントを見つけて取り組むことができます。

講師は学生が主体なので、年齢が近いのでうちとけやすいのも魅力です。

 

学校にいかないことは逆に言えば「自分のペースで勉強できる」ため、その気になればコツコツやっていくうちに学校でやっているところに追いつくのも不可能ではありません。

不登校だからと言って勉強をあきらめる必要はないのです。いつからでも取り返せる。やればできると信じることが大切です。